TOKAI SUMMIT FINAL 東海地区屈指の夏の大型野外フェス

Check

lecca

lecca

2000年シンガーとして、渋谷asia、VUENOS、池袋BED、横浜BRIDGE、PURE、六本木COREなどを中心に、レギュラー・イベントを含め、多数出演。2002年大学卒業後、武者修行と称してニューヨーク、トロントに半年間滞在。

現地アーティストとの楽曲制作や、現地クラブでのオープン・マイクを握るなど、アーティストとしての経験値を上げる。またこの頃より、シンガーからレゲエ・ディージェー寄りのMCスタイルへと徐々に変化していく。

2003年帰国後、国内での活動を再開。HIP HOPユニット"LEGNIS"にMC、トラック・メーカーとして参加。横浜BRIDGE、LEZARD、MATRIX、渋谷VUENOS、ROCK WEST等、精力的にライブ活動を展開。2004年以前より交流のあったレゲエ・シンガー"PANG"とのコラボレーション開始。"PANG"のミニ・ア ルバム『ゆらり』、『あは!』に、MC、コンポーザーとして参加。 PANGとともに、沖縄恒例のイベント「Japan Reggae Festa in Okinawa」に初出演。

2005年、14曲入りのフル・アルバム『烈火』にてインディーズ・デビュー。 (この作品が外資系レコード店"HMV"のBest Of 2005 インディーズ"indies reggae & ska Top 10"で10位を記録)2006年4月にメジャー・デビューミニ・アルバム『Dreamer』をリリース後、2006年8月にメジャー・デビュー・フルア ルバム『URBAN PIRATES』をリリース。
2007年8月には2ndフル・アルバム『おたくgirlsの宴』をリリースし、ダンスホール・レゲエをベースにしつつも、ジャンルにとらわれないオリジナルなスタイルが注目を集め、女性ながらDee Jayスタイルを得意とし、その地位を不動のものとした。

2008年2月には2ndミニ・アルバム『マドのむこう』をリリース。 SHAGGY,TOK,VOICE MAIL等を手がけるジャマイカの大物プロデューサー"クリストファー・バーチ"が手がけるリディムの上で、話題のラッパーSEEDAとのジャンルの枠を 超えたコラボレーションが実現した「UN- SOLO feat. SEEDA」、自身の実体験をリアルに綴ったleccaとしては珍しい失恋ソング「なみだの日」の他5曲を収録。
2008年7月には自身初のコンセプトアルバム『City Caravan』をリリースし、ジャマイカのスーパースターVoicemailやSOUL'd OUTのDiggy-MO'との斬新なコラボレーションも注目され、作品のクオリティの高さを評価される。
また、全国の大型野外フェスにも毎週のように出演し、野外フェスの"顔"に名を連ねた。
2009年3月には自身初となるシングル曲「For You」をリリース。リード曲「For You」は自身のラジオ番組で、リスナーから"大切な人への想い"という企画を募集し、その想いをもとにleccaが楽曲を制作。 2009年USENリクエストチャートで年間ランキング第1位を獲得、またレコチョク クラブ・うたの年間ランキングでも第1位を獲得。 配信の総ダウンロード数は80万を超え、大反響を呼び、2009年音楽業界に残る名曲となった。

7月には4枚目のフルアルバム『BIG POPPER』を発表。アルバムのテーマは「POP」POP=ポピュラーであるという考えから、たくさんの人と共有出来る音楽を生み出すというコンセプト のもと、leccaならではの「POP」を存分に表現している傑作となった。 オリコンランキング最高位5位、ウィークリーランキング4週TOP10入りを果たす。アルバム発売後、初の全国ワンマンツアー「lecca LIVE TOUR 2009 "BIG POPPER"」を決行。全国で4,700人を動員した。

同年11月シングル「My measure」をリリース。 産婦人科を舞台とした藤原紀香主演の話題作日本テレビ系水曜ドラマ「ギネ 産婦人科の女たち」の主題歌として書き下ろした楽曲。 「信じるしかない。自分の培ってきた自分のものさし=measureを。」leccaならではのストレートな歌詞が心に響く傑作となった。
2010年第一弾リリースは九州男をフィーチャーリングに迎えた「TSUBOMI feat.九州男」と「Snow Crystals」のダブルAサイドシングルを4月にリリース。CDリリースに先行して配信された「TSUBOMI feat.九州男」は100万ダウンロードを突破、CD発売前にUSEN総合チャート1位を獲得したことも話題になった。
7月には5枚目となるフルアルバム『パワーバタフライ』をリリースし、自身最高位となるオリコンチャート2位を記録。

2012年4月、自身初の日本武道館公演で観客を魅了し、キャリア史上最大規模のツアーの成功を収めた。8月には、その映像をパッケージ化したLIVE DVD & Blu-ray『lecca Live 2012 Jammin' the Empire @日本武道館』をリリース。
そして2013年12月、「Sky is The Limit feat. RHYMESTER」、「Back to U feat. TEE」などを収録した8枚目のフルアルバム『TOP JUNCTION』をリリース。「Sky is The Limit feat. RHYMESTER」のMVは「MTV VMAJ 2014」“Best Reggae Video”を受賞し、前年の「Clown Love」から2年連続の受賞となった。

2014年8月には、「Vibes Up feat. JUMBO MAATCH」「Soldiers feat. Spinna B-ILL」などを収録した9枚目のフルアルバム『tough Village』と、3月に行われたツアーZEPPの TOKYO公演を収録した『lecca LIVE TOUR 2014“TOP JUNCTION"』を同時発売。さらに、アルバムを引っさげた全国ツアー「lecca LIVE TOUR 2014-2015“tough Village”~the beginning&the intention~」を開催した。

2015年8月には、「live again」「その先のゴール」「前向き」など映画やドラマのタイアップ楽曲も含めデビュー10周年イヤーに突入してからリリースの10thフルアルバム『前向き』をリリースし全国のZEPPにて「lecca LIVE TOUR 2015“前向き”」と称しライブを行った。

2016年1月にはデビュー10周年にして初のBEST ALBUM『BEST POSITIVE』をリリース。ファン支持の高い代表曲である「TSUBOMI feat. 九州男」、「For You」、今なお多くのトップアスリートから絶大な支持を受け続ける「My measure」などヒット曲満載のBEST盤が完成した。また2016年1月10日放送のMBS/TBS系全国ネット 新春ドラマ特別企画「最高のオヤコ」のメインテーマとなった新曲「ねがい」も新録されている。
そのBEST ALBUM『BEST POSITIVE』を引っさげ4月2日には日比谷野外大音楽堂(東京)、4月24日には大阪城野外音楽堂(大阪)と初の野外ワンマン公演を含む初の全国ホールツアーを開催。

オフィシャルHP

TOPへ戻る