TOKAI SUMMIT FINAL 東海地区屈指の夏の大型野外フェス

Check

Jam9

Jam9

2010年にシングル「家族」でメジャーデビュー、優先キャンシステム問い合わせランキング月間1位を獲得。翌年、ほぼ全都道府県で夏の高校野球地区予選テーマソングを担当。更にデビュー前から現在に至るまで清水エスパルス公式応援歌を毎年担当するアーティストとして認知を得る。
2013年、東京のプロダクションから独立、インディーズ時代を過ごした郷土のプロダクションに籍を戻して再出発。2015年、後輩ユニットCLEEMからシンガーMIKUを迎えた「恋散歌-feat.MIKU from CLEEM-」が有線問い合わせランキング1位(翌月2位)を獲得し、アルバム「INDUSTRUST」でメジャー再デビュー。
アーティスト活動と並行で行われてきた作曲家業では、E-girls「Follow me」を筆頭にオリコントップ10をシングル・アルバム概算30回以上経験。若手トップクリエイターとして音楽業界で確固たる地位を確立。
2015年末、AAAに提供した「愛してるのに、愛せない」が第57回日本レコード大賞で優秀作品賞を受賞。
2016年3月にアルバム「SKETCH」発売。収録曲「バイバイ」がK-mix週間ランキング1位を獲得。

オフィシャルHP

TOPへ戻る